本文へジャンプ

お役立ちコンテンツ動画配信キーワード集
DRM(デジタル著作権管理)

DRM(デジタル著作権管理)

読み:でじたるちょさくけんかんり 英語名:Digital Rights Management

DRMとは、デジタル著作権管理のことで、音楽や映画などのデジタルコンテンツの著作権を保護する技術や機能の総称です。基本的にオリジナルのデータを秘密の符号方式により記録して、特定のソフトウェアやハードウェアでしか再生できないようにすることにより、第三者のコピーや再利用を難しくする技術などのことを指します。例えば、動画でいえば、自分がアップロードした動画を他者にコピーやダウンロードをさせないように処置するのです。
一方、フリーDRMとはそういった保護技術がされていない、デジタルコンテンツに暗号化などの処置が行われていないものを指し、著作権管理はありません。技術的に自由に再生やコピーなどが行われるという点で、DRMとは異なります。DRMは、どのような技術により暗号化しているのかが公開されていないので、永続的な再生が保障されていないという問題点があります。一方、著作権に関する問題が多い昨今フリーDRMを選択するのは注意が必要でしょう。

関連語:Advanced DRMAnonymous DRM

対義語:―

キーワード一覧に戻る

そのほか動画配信がよく分かる豊富なコンテンツを用意しています

  • 動画配信システムを初めて導入する方におススメ
    アンケート調査やホワイトペーパー、動画配信コラムなど豊富な資料はこちら

    動画配信の活用方法がよく分かるお役立ちコンテンツ

  • 初めての動画配信でも安心
    企画から導入まで検討すべき項目がよく分かるチェックシートはこちら

    初めての動画配信システム導入の際に確認すべき7つのポイント

ストリーミングサーバー・動画配信システム プラン比較

ストリーミングサーバー・動画配信システムに関するお問合せは弊社の専門スタッフがご対応します

お電話でのお問合せ

0120-28-8140

受付:平日10時から12時・13時から18時

フォームからのお問合せ

お問合せ・資料請求

ページの先頭へ