本文へジャンプ

お役立ちコンテンツ動画配信キーワード集
バッファリング

バッファリング

読み:ばっふぁりんぐ  英語名:buffering

バッファリングとは、映像の再生開始前などに、数秒から数分の映像データをパソコンの中に溜め込んでおく技術を指します。動画再生において再生対象の映像ソースは、自分のパソコンの中、ローカルネットワーク接続されたサーバの中、あるいはインターネット上など、色々なところに置かれていると考えられます。動画再生を行うパソコンの処理能力が必要十分だとしても、インターネット上の映像ファイルの再生にはインターネット回線の通信速度も関連するため、これが影響して動画再生がスムーズに行かない場合があります。バッファリングすると、インターネット回線が遅延して映像データが途切れた場合でも、映像コンテンツはあらかじめ溜め込んでおいた映像データから再生されているため、その間に回線の遅延の回復が期待できます。直接再生を開始する場合と比べて、再生開始までにタイムラグが発生しますが、映像コンテンツの途切れを減らすことができるというメリットがあります。

関連語:―

対義語:―

キーワード一覧に戻る

そのほか動画配信がよく分かる豊富なコンテンツを用意しています

  • 動画配信システムを初めて導入する方におススメ
    アンケート調査やホワイトペーパー、動画配信コラムなど豊富な資料はこちら

    動画配信の活用方法がよく分かるお役立ちコンテンツ

  • 初めての動画配信でも安心
    企画から導入まで検討すべき項目がよく分かるチェックシートはこちら

    初めての動画配信システム導入の際に確認すべき7つのポイント

ストリーミングサーバー・動画配信システム プラン比較

ストリーミングサーバー・動画配信システムに関するお問合せは弊社の専門スタッフがご対応します

お電話でのお問合せ

0120-28-8140

受付:平日10時から12時・13時から18時

フォームからのお問合せ

お問合せ・資料請求

ページの先頭へ