本文へジャンプ

動画配信を活用した
課題解決ストーリー

ゲームイベント運営事業者 オーガナイザー様の利用シーン

コスト削減、営業力アップ、業務効率化、企業PR…社内や教育現場、大型イベント時のライブ配信にて
動画配信を活用した課題解決ストーリーを記事で紹介します。

eスポーツイベントイメージ

大型イベント

SmartSTREAMで大規模なeスポーツ生中継を実現!
アクセス集中時も遅延なくライブ動画配信を安定運用!

ゲームイベント運営事業者 オーガナイザー様の利用シーン

近年、日本国内でも急激に認知度が高くなっている『eスポーツ』は、世界中で1億人以上の競技人口がいるとも言われており、観戦者も含めると3億人を超えるとの声があるほどです。もともとeスポーツの普及が遅れていると言われていた日本国内で考えても、2018年に『日本eスポーツ連合』が設立され、プロライセンスが発行されるようになるなど、本格的な普及に向けて様々な部分の整備が進んでいます。

このような状況の中、eスポーツの注目度は年々上昇しており、全国各地で様々なeスポーツのイベントが開催されるようになっています。このようなイベントは、主に参加費や観戦料、スポンサー企業からの広告が収入源になりますが、会場費やイベント運営のための人件費、機材費などを考えると赤字になってしまうイベントも少なくないと言われています。特に、年々クオリティの上がるゲームのグラフィックを、インターネットを介して ライブ配信をする場合には、配信の為に大規模な設備も必要になり、配信の為のコストに頭を悩ませるイベント運営者様も少なくないのではないでしょうか。また、eスポーツのイベントを産業化するには、より多くのスポンサー収入が得られる体制の構築は必要不可欠だと言えるでしょう。

NTTスマートコネクトは、ストリーミングサーバー・動画配信システム『 SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』を利用して、クオリティの高いゲーム動画でも安定した大規模配信の実現をサポートします。

低コストで安定した大規模配信の実現が課題!
新たな収益モデルの構築が、今後のeスポーツ産業化には欠かせない!

日本では、eスポーツが取り上げられるようになったのが比較的最近の為、「新しく作られた文化」なのだと認識している人も少なくないでしょう。しかし、世界的に考えてみると、30年以上前の1980年代がeスポーツの始まりだと言われています。そして、1997年にeスポーツのプロイベントが初めて開催され、ここを起点として様々な競技大会が開催されるようになり、賞金の増額や競技人口の増加と共に産業化していったのです。

この流れからはかなり遅れますが、近年日本国内でも様々なeスポーツイベントが開催されるようになり、2018年には『eスポーツ』が、流行語大賞の候補にあがるほどの普及を見せています。今後も、国体の正式競技として採用されることや、2024年オリンピック大会の正式種目の候補になったことで、さらなる産業化を見せると予測されています。

このような状況下で、eスポーツの認知度向上のため、インターネットを利用した ライブ配信に力を入れるイベントは非常に多いです。観客の増加は、新たなスポンサー企業の獲得には欠かせない条件ですので、イベント開催者からすれば特に力を入れるべき部分と考えられているでしょう。しかし、eスポーツイベントの ライブ配信は、以下のような課題も山積みとなっています。

・ゲームのクオリティが年々上がっている
eスポーツの ライブ配信を考えた場合、年々クオリティが高くなっているゲームの映像グラフィックの表現に対応することが必要不可欠となります。大量のアクセスが想定されるeスポーツの ライブ配信では、高品質で安定的な大規模配信にコストがかかりすぎるのが課題となっています。
・新たなスポンサー企業の獲得
イベントの開催には様々なコストがかかる為、収益化するためには新たな広告ビジネスの構築が課題。

SmartSTREAM ビデオプラットフォームを導入!
遅延のない動画再生でより快適なeスポーツイベントライブを実現!

上記の様な課題を解決する為、ストリーミングサーバー・動画配信システム『 SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』の導入をお勧めします。『 SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』では、24時間365日体制で、日本国内の技術者が運用監視を行う自社データセンターが動画配信の中枢を担います。その為、近年大手メディアでも取り上げられる事が多くなり、大量のアクセスが見込まれるようになってきたeスポーツイベントの ライブ配信でも、安定した高品質な動画配信を実現します。

さらに、『 SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』には、著作権保護( DRM)機能が搭載されていますので、近年、社会問題ともなっているデジタルコンテンツの違法コピー・流出を防ぎ、著作権に配慮した安全な ライブ配信を実現します。

また、動画配信用のプレイヤーは、イベント専用にカスタマイズすることも可能ですので、スポンサー企業のバナーを配信する動画の中に設置することで、新たな収益モデルの確保に活用できるでしょう。

・アクセス集中でも安定した動画配信を実現
一瞬も見逃せないeスポーツの ライブ配信を行うには、大規模な設備が必要になり、多額のコストが課題となります。しかし、『 SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』は、日本国内の技術者が24時間365日体制で常に運用監視を行っている、NTTデータセンターが動画配信の中枢を担っている為、ハイクオリティの映像グラフィックとなるeスポーツの ライブ配信でも、低コストで安定的な配信を実現します。

eスポーツイベントイメージ

SmartSTREAM ビデオプラットフォームで
安定的なeスポーツのライブ配信を低コストで実現!

ストリーミングサーバー・動画配信システム『 SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』を利用することで、eスポーツイベントの安定的な ライブ配信を低コストで実現いたしました。『 SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』であれば、24時間365日体制で国内の技術者が運用監視を行うNTTデータセンターが動画配信の中枢を担う為、アクセス数の増減などの影響を受ける事もなく、安定した ライブ配信を実現します。

また、『 SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』は、視聴用プレイヤーをカスタマイズすることが出来ますので、スポンサー企業のバナーを設置するなど、新たな収益モデルの獲得にも役立てることが出来ます。動画コンテンツでしっかりとマネタイズしていくことを考えた場合、収益モデルのルール作りは自分たちで設計できるようにしなければいけません。『 SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』を利用すれば、「動画コンテンツの充実・収益モデルのルール作り」両面からeスポーツイベントのサポートが可能です。

もちろん、配信する動画は、視聴数や視聴時間、どの国で視聴されているのかなど、動画ごとに解析していくことが出来ますので、次回イベントの為の新たなコンテンツ作りはもちろん、新たなスポンサー企業獲得のためのデータとしても活用できます。

<ご提案のポイント>

それでは最後に、今回の利用シーンを通じたストリーミングサーバー・動画配信システム『 SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』の機能のポイントを紹介します。

ポイントまとめ
  • 著作権保護(DRM)機能
  • 視聴分析機能

・著作権保護(DRM)機能

配信する動画の暗号化により、動画の違法コピーを防止します。

・視聴分析機能

視聴分析機能は、再生数・端末数・セッション数・再生時間などが様々な情報をグラフで確認することが可能です。

  • 最近みんな始めてる企業の動画活用事情についてもっと知りたい方 無料プレゼント中
  • 無料トライアル受付フォーム

課題解決ストーリートップに戻る

ストリーミングサーバー・動画配信システムに関するお問合せは弊社の専門スタッフがご対応します

お電話でのお問合せ

0120-28-8140

受付:平日10時から12時・13時から18時

フォームからのお問合せ

お問合せ・資料請求

ページの先頭へ