本文へジャンプ

動画配信を活用した
課題解決ストーリー

ゲームイベント運営事業者 企画担当者様の利用シーン

コスト削減、営業力アップ、業務効率化、企業PR…社内や教育現場、大型イベント時のライブ配信にて
動画配信を活用した課題解決ストーリーを記事で紹介します。

ゲームイベントイメージ

大型イベント

SmartSTREAMでeスポーツ生中継を実現!
安定高品質なライブ配信、マルチアングルでイベント現場さながらの臨場感を演出!

ゲームイベント運営事業者 企画担当者様の利用シーン

ここ数年で急激にその知名度が上がっている『eスポーツ』。2018年には、インドネシアで行われたアジア大会で、デモンストレーション競技として、サッカーゲームのeスポーツデモンストレーション大会が行われ、日本が金メダルを取ったのも記憶に新しいのではないでしょうか。さらに、2019年に開催される「いきいき茨城ゆめ国体」でもeスポーツが導入されることが決まっており、日本国内でも大注目のコンテンツとなっています。

元々eスポーツが盛んなアメリカでは、今やプロゲーマーはスポーツ選手として認められ、スポーツ選手用のビザが発行されるほど普及して、一大イベントとして多くのスポンサー企業が協賛している大会も多いです。世界的な市場規模を見ても、2015年には3億ドルだった市場規模が、2028年末には60億ドルを超えるまでに成長するといわれています。

そんな中、日本国内でも2018年にeスポーツのプロライセンスが発行されるようになり、5月には正式に日本初のeスポーツプロリーグも発足しています。2018年は、日本国内における『eスポーツ元年』とも呼ばれ、今後様々な場所でeスポーツゲームイベントの開催が増加していくことが予想されています。

このようなeスポーツは、インターネット通信を利用した動画配信が一般的ですが、アクセスの集中によってライブ配信中に動画が遅延・停止するなどのトラブルが増加し、ゲームイベント主催者の悩みとなっています。

NTTスマートコネクトは、ストリーミングサーバー・動画配信システム『SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』を利用して、クォリティの高いeスポーツゲームイベント動画の安定配信を実現します。eスポーツに必要不可欠な臨場感のあるマルチアングルでの配信も、安定した大規模配信をご提供します。

一大イベントにインターネット上でのライブ配信は欠かせない!
注目度の高いイベントであれば大量のアクセス集中が考えられ、安定的な動画配信が深刻な課題に…

アジア大会や国体などにも採用されるようになった『eスポーツ』は、近年若者の間で非常に人気の高いコンテンツとなっています。実際に、プロゲーマー育成のための専門学校も開講するほどで、将来の夢が『プロゲーマー』という子供も増加しているようです。

日本国内では、最近になってメディアでも取り上げられるようになっていますが、世界的な市場を見てみると、多くのスポンサー企業が協賛している一大ゲームイベントも珍しくなく、その中には『億越え』の賞金額を誇るようなイベントもあるほどなのです。eスポーツは、今後も市場拡大が予想されており、2020年には観戦・動画視聴者を含めたeスポーツ人口が5億人を突破するとの予想が出ているほどです。

このようなeスポーツは、インターネット通信を利用した動画配信で、競技のライブ中継を行うことが一般的です。しかし近年では、ゲームの映像グラフィックも非常に高品質化しており、クォリティを保ったままゲーム動画の配信を行うには、大規模な配信設備を用意する必要があります。また、様々なメディアで特集されることも増えており、eスポーツ自体の注目度が高くなっている点は良いとしても、インターネット経由での配信時に極端に視聴ユーザーからのアクセスが集中し、動画の遅延や停止も散見されるようです。それゆえ、ライブ配信の不具合に関するクレームの増加は、ゲームイベント主催者様の頭を悩ませる課題となっているのです。

SmartSTREAM ビデオプラットフォームを導入!
遅延のない動画再生で、より快適なeスポーツのライブ配信を実現!

上記のような課題を解決するため、ストリーミングサーバー・動画配信システム『SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』を導入しました。『SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』で配信する動画は、24時間365日体制で日本国内の技術者が運用監視を行っている、NTTデータセンターが配信の中枢を担っています。したがって、話題性の高いゲームイベントで世界中からアクセスが集中したとしても、安定して高品質な動画配信を実現することが可能なのです。

もちろん、eスポーツの臨場感を伝えるために必要不可欠となるマルチアングルでの配信においても、安定した動画再生とご紹介させていただく映像制作会社様とタッグを組んで高品質なマルチアングル・ライブ配信を実現いたします。配信する動画は、パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットにも対応していますので、視聴者が使用しているデバイスを自動で判断し、最適な動画を配信するため、手間もなく幅広い視聴者に対応することが可能です。

・大量なアクセス集中でも安定した動画配信を実現
SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』であれば、日本国内の技術者が24時間365日体制で常に運用監視を行っている、NTTデータセンターが動画配信の中枢を担っているため、高品質な動画の安定配信を実現します。話題性の高い一大ゲームイベントであれば、世界中からのアクセス集中も予想できますが、白熱の試合展開やプレイヤーの技術を細部まで楽しんでもらえるよう、安定のインターネットライブ配信を実現します。

ゲームイベントイメージ

大興奮のeスポーツを全世界に安定配信!
ストレスのない視聴環境で、eスポーツがもっと身近に!

ストリーミングサーバー・動画配信システム『SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』を利用することで、eスポーツゲーム大会イベントの高品質なライブ動画配信が実現しました。eスポーツの動画配信では、臨場感を視聴者に伝えるため、マルチアングルでの配信のように、大容量な動画でも安定した配信を実現する必要があります。もちろん、大量のアクセス集中や、視聴者の増減に影響されることがない安定配信で、ストレスなく視聴できる環境も必要不可欠です。

SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』は、NTTデータセンターが動画配信の中枢を担いますので、安定したeスポーツイベントのライブ中継を実現できます。

また、eスポーツゲームイベントなどであれば、SNSでの情報拡散が大きなプロモーション手法として利用されます。『SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』で配信する動画は、視聴用プレイヤーにSNS投稿ボタンを簡単に取り付けることも可能ですので、魅力的なイベント告知動画を作り、配信することで、情報が拡散していくことも期待できます。こういった動画のURLは、QRコードを発行することも可能ですので、イベントチラシに貼り付けてゲームイベントの告知を行う等、様々な広告宣伝に動画を活用することが可能となります。配信する動画は、マルチデバイス対応となっていますので、視聴者のデバイスを自動で判断し、最適な動画を配信します。その為、QRコードを利用してスマートフォンで告知動画を視聴した人が、そのままSNSで拡散するなどの宣伝効果も得られるのです。

<利用した機能>

それでは最後に、利用した機能のポイントをまとめてご紹介します。

ポイントまとめ
  • 大規模安定配信
  • マルチデバイス配信機能
  • SNS投稿機能
  • QRコード発行機能

・大規模安定配信

SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』は、24時間365日体制で日本国内の技術者が監視を行うNTT自社データセンターが動画配信の中枢を担います。したがって、小規模な配信から数万人規模にわたる大規模配信まで、安定した動画配信を可能とします。常に変動する視聴者数や短時間でのアクセス集中を考慮してご提供しますので、注目度の高いeスポーツのライブ中継でも安定した動画配信を実現します。

・マルチデバイス配信機能

公開する動画は、パソコンだけでなく、スマートフォン、タブレット端末でも閲覧が可能となります。『SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』では、アクセスしてきた各端末を自動判別、最適な動画を配信するので余計な手間も必要ありません。

・SNS投稿機能

公開する動画は、プレイヤー内に様々なSNSへの共有ボタンが設置可能です。その為、視聴者同士の動画共有を促進することが出来、SNSでの動画の拡散が期待できます。

・QRコード発行機能

配信する動画のURLをQRコードとして発行可能です。スマートフォンなどを利用してQRコードを読み取るだけで、すぐに動画の視聴が出来ます。

課題解決ストーリートップに戻る

ストリーミングサーバー・動画配信システムに関するお問合せは弊社の専門スタッフがご対応します

お電話でのお問合せ

0120-28-8140

受付:平日10時から12時・13時から18時

フォームからのお問合せ

お問合せ・資料請求

ページの先頭へ