本文へジャンプ

課題解決ストーリー

行政・地方創生

SmartSTREAMで動画を活用した自治体IT戦略!
地域イベントの動画配信により地方活性化と魅力PRを実現!

地方自治体 広報担当者様の導入事例

近年では『東京一極集中』という言葉をよく耳にするほど、大都市圏への人口集中が問題となっており、それに伴った地方の人口減少が深刻な社会問題となっています。例えば、2015年、総務省が発表した住民基本台帳人口移動報告によると、東京、神奈川、埼玉、千葉を合わせた東京圏への転入は487,251人であり、転出は367,894人でした。このデータからも分かるように、東京圏への転入超過は12万人近くいることになるのです。さらにこの転入超過は、20年連続で続いており、この事実からも地方の人口減少がどれほど深刻なのかわかります。

こういった状況下で、日本全国の地方自治体では、それぞれの特色を生かした様々な式典やイベントが開催されています。こういったイベントは、地域の魅力を多くの人に伝え、近年、地方自治体の悩みの種となっている人口減少に歯止めをかける目的や、観光客の増加を期待して行われるものも多いでしょう。

したがって、自治体の広報担当者様の間では、より多くの方にイベントのPRを行うにはどうすればいいのかと頭を悩ませることも多いでしょう。さらに、地方で行われるイベントは、「興味はあるけど、遠方のためなかなか足を運ぶことが出来ない」という人も多く、こういった方への対策も考える必要があります。

NTTスマートコネクトは『SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』を利用して、全国どこにいても式典・イベントを楽しむことが出来るよう、イベントのライブ動画配信を実現します。動画の撮影から配信までトータルでサポートしますので、「ノウハウがないから心配…」といった担当者様も安心です。

地方の魅力を積極的に打ち出したい!
しかし幅広い地域への告知が難しく、地域活性化には程遠い結果になることが悩み…

現在、地方自治体の人口減少は日本全体を取り巻く社会問題にもなっています。これは、東京や大阪などの大都市圏での生活に憧れを持つ若者が増加し、地元を離れ仕事を求める人が増えているからです。民間企業についても、地方創生を看板に地域活性化や雇用創出を目指し4兆円を超える予算が投じられたのにもかかわらず、本社機能を東京圏に移す企業はいまだ増えているのが現状です。

このような状況の中で、人口減少に歯止めをかけるため、地方自治体が主となって積極的に地元の魅力を発信する施策が必要不可欠となっているのです。近年ではインターネットの普及もあり、SNSやホームページを利用して、独自の市民サービスやイベント情報の告知を行う自治体も増えていますが、自治体ホームページはPV(アクセス)数も少なく、行政サービスなどですら認知度がなかなか上がらないことが悩みとなっています。

また、地域のイベントや式典の模様を撮影して、話題性のある動画を作成し、地域のPRに活用しようとする自治体なども増加していますが、動画PRを行うための専門的なスキルを持っている職員が少なく、企画の立案から、動画制作、安全な配信のための設備など、様々な課題が山積みとなっています。

自治体のお堅いイメージを一新!
高いエンターテイメント性を持つイベント動画の配信をサポート!

上記の様な課題を解決するため、動画配信サービス『SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』の導入をご提案します。

『SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』は、24時間365日体制で日本国内の技術者が監視するNTTデータセンターが配信の中枢を担います。したがって、大規模な地域の式典やイベントのライブ配信を行う場合、特に話題性のあるイベントのライブ配信で、全国からアクセスが集中した場合でも安定の動画配信を可能とします。

配信する動画の企画・撮影については協力会社をご紹介しますので、エンターテイメント性の高い動画の制作が可能です。また、導入から配信・アフターケアまでワンストップでサポートいたしますので、安心して導入いただけます。地方自治体の中には、動画配信に関するノウハウがなく、動画PRを進めたくても進めることが出来ないという担当者も多いですが、『SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』であれば導入から運用まで安心です。

動画の配信は、ドラッグアンドドロップで誰でも簡単に動画の公開が可能となりますし、マルチデバイス配信ですので、視聴者のデバイスを自動で判断し、最適な動画を配信します。そのため、配信者には余計な手間が一切必要ありません。

また、配信動画を自治体ホームページで展開する場合、自動で発行されるコードを張り付けるだけで簡単に公開が可能です。

どこかお堅いイメージのある自治体ですが、エンターテイメント性の高い動画によるPRを駆使することで、自治体ホームページのPV(アクセス)数も増え、楽しみながら市民サービスの認知も可能になります。

・撮影から配信までワンストップでサポート
『SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』は、動画配信に必要な機能をインターネット上で、ワンストップにてご提供いたします。もちろん、今まで動画制作・配信の実績が無いため、「ノウハウがなくて心配…」といった方であっても、ご紹介させていただく協力会社と合わせて万全のサポート体制で安定の動画配信を可能とします。 配信するコンテンツは、制作部分から顧客の要望にピンポイントに答えられる提携業者をご紹介しますので安心です。

『SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』を利用すれば、「ライブ配信のノウハウがない…」「動画制作の技術がない…」などと、動画PRを諦めていた自治体でも、安心して魅力的な地方活性施策をスタートすることが出来ます。
・大切な配信データはNTTデータセンターで運用するからいつも安心
SmartSTREAMビデオプラットフォームサービスでは、24時間365日体制で日本国内の技術者が運用監視するNTTデータセンターが、配信の中枢を担います。

自由度の高いイベントの開催が可能に!
魅力的なイベント告知動画を作ることで、イベントの認知度も大幅にUP!

『SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』を利用することで、地元以外の遠方の方にも、式典・イベントにご参加いただくことが可能となります。地方自治体が行うイベントや式典であれば、遠方でなかなか足を運ぶことが出来ないという人も少なくなく、そういった方にはイベントの模様を安定したライブ動画配信で楽しんでもらうことが可能となります。イベントそのものの告知段階から動画によるPRを利用することで、公式サイト上でのテキストでの告知よりも、イベントの魅力を伝えることが可能となります。

『SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』であれば、動画の視聴用プレイヤーにSNS投稿ボタンを取り付けることも可能なため、SNSでの拡散によって幅広い層にイベントの告知が可能となります。QRコード発行機能もありますので、地方自治体が発行する会報や旅行代理店のチラシ、広報担当者の名刺などに動画のQRコードを張り付けることで、紙媒体だけでは伝えることが出来ないイベントの魅力を幅広く動画を使って伝達することが可能となります。

『SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』は、自治体の公式ウェブサイトに今までにないエンターテイメント性を与えることも可能です。公式ウェブサイト上で動画配信を行うことで、サイト全体のPV数の大幅UPも期待でき、地域のPRや行政サービスの認知度アップにも役立てることが可能でしょう。
さらに、閲覧数の多い動画コンテンツを解析することで、どの地域イベントに人気があるのかも分析できるでしょう。

<利用した機能>

それでは最後に、利用した機能やサービスのポイントをまとめてご紹介します。

ポイントまとめ
  • マルチデバイス配信機能
  • SNS投稿機能
  • QRコード発行機能
  • 視聴分析機能
  • 安定した大規模配信

・マルチデバイス配信機能

公開する動画は、パソコンだけでなくスマートフォン、タブレット端末でも閲覧が可能となります。『SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』では、1つの配信用タグを埋め込むだけでアクセスしてきた各端末を自動判別し、最適な動画を配信することが出来ますので、余計な手間も必要ありません。

・SNS投稿機能

公開する動画は、TwitterやFacebookなどのSNSの共有ボタンをプレイヤー内に設置可能。視聴者同士の動画共有を促進できますので、SNS上での広いPR効果が期待できます。

・QRコード機能

アップロードした動画のURLは、QRコードの発行も可能です。QRコードを利用すれば、紙媒体などでの動画の拡散が可能です。

・視聴分析機能

動画コンテンツの再生数・端末数・セッション数・再生時間などのデータを様々な条件でグラフで確認することが可能です。

・安定した大規模配信

『SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』は、24時間365日体制で日本国内の技術者が監視を行うNTTデータセンターがシステムの中枢を担います。したがって、小規模な配信から数万人規模にわたる大規模配信まで、安定した動画配信を可能とします。 常に変動する視聴者数や大量に集中したアクセスなどに影響されることもないので、安心して動画PRの運用が可能です。

課題解決ストーリートップに戻る

動画配信サービスに関するお問合せは弊社の専門スタッフがご対応します

お電話でのお問合せ

0120-28-8140

受付:平日10時から12時・13時から18時

フォームからのお問合せ

お問合せ・資料請求

ページの先頭へ