ストリーミング配信・動画配信ならNTTスマートコネクト

動画配信で選ぶなら
NTTスマートコネクト

お電話:フリーアクセス0120-28-8140 (10:00から12:00 13:00から18:00 土日祝日を除く)

特長4.ワンソースマルチデバイス配信(多彩な配信方式)

マルチデバイスオンデマンド配信はワンソースマルチデバイス配信を実現するため、HDSやHLSなどのストリーミング方式を同時にご提供します。

配信方式とデバイス

配信対象デバイス スマートフォン/タブレット端末(iOS/Android)、パソコン(Flash Player/Silverlight)
デバイスごとの配信プロトコル
  • Flash(RTMPストリーミング)
  • Flash(HTTP,HTTPSストリーミング)
  • iOS(HTTP,HTTPSストリーミング)
  • Silverlight(HTTP,HTTPSストリーミング)
サポートフォーマット(CODEC) Video:H.264、Audio:AAC
配信可能ファイル(コンテナ) MP4

※プランによって対応する配信プロトコルは異なります。

配信構成

図:配信構成

【豆知識】CODECとコンテナの違いについて

多くの人が再生できる映像・音声データを作るために − CODECとコンテナ−

映像や音声データは非常に大きなサイズのデータですので、再生するためには高い処理能力を持ったハードウェアやソフトウェアを必要とします。これらを通常のポータブルオーディオ機器やスマートフォンのようなデバイスを用いて再生するためには、扱うデータ量を抑える必要があります。

データ量を抑えるために行うのが「データ圧縮」です。データ圧縮の方法には様々な手法があります。これらの圧縮方式をCODEC(COde/DECode)と呼びます。元々は情報の符号化/復号化の意味ですが、映像や音声の圧縮方式と復号方式もCODECと呼ばれています。
映像のCODECとしては、MPEG2、MPEG4-Video、H.264、VP6、VC1 など、
音声のCODECとしては MP3、AAC、WMA、ATRAC3 などがあります。

音声のみ、映像のみのデータ再生は、それぞれに対応したCODECがあればいいのですが、一般的な映像データは映像や1つ以上の音声(日本語と英語など)、そして字幕データなどの情報と、それらをどのタイミングで表示・再生するかなどの情報で構成されています。
これらの付加情報を元の映像や音声データとともに格納するためのファイル形式のことを「コンテナ フォーマット(コンテナ)」と呼びます。

コンテナにはMEPG2-TS、MP4、ASF、Matroska、FLV などがあります。
それぞれのコンテナには、格納できる映像や音声データのCODECが決まっています。例えば、ASF形式のファイルにはMPEG2で圧縮された映像データを格納することができません。

上記のようにCODECやコンテナの形式は様々な種類があります。再生するハードウェアやソフトウェアによっては対応していない場合もあるため、映像や音声の再生機器をなるべく限定しないためには、先進的な機能に対応しつつ、広く普及している、または普及することが見込まれるCODECとコンテナの組み合わせで映像や音声ファイルを作ることをおすすめします。

ページトップへ