本文へジャンプ

動画配信を活用した
課題解決ストーリー

音楽配信サービス提供事業者 ディレクター様の利用シーン

コスト削減、営業力アップ、業務効率化、企業PR…社内や教育現場、大型イベント時のライブ配信にて
動画配信を活用した課題解決ストーリーを記事で紹介します。

音楽配信サービス提供事業者の収録スタジオイメージ

有料会員向けコンテンツ配信ビジネス

SmartSTREAMで有料音楽コンテンツ配信!
著作権の扱いに配慮したセキュア&安定的な配信の実施!

音楽配信サービス提供事業者 ディレクター様の利用シーン

昨今『CDが売れない』というフレーズは、音楽にあまり関心がない人でも1度は耳にしたことがあるでしょう。1880年代にレコードが誕生してから、音楽というものはカセット、CD、MDと、技術の進化に伴い提供方法は変わったものの、何らかの『形』に残るものにより提供されてきました。しかし、この音楽提供方法が大きく変わったのが2000年代に入ってからです。1990年代に登場したMP3ファイルにより、音楽のダウンロード販売というものが広く認知されたのです。ダウンロード販売の場合であれば、小さな端末に数千曲を超える音源を持ち歩くことができ、音源を変えるためにわざわざCDを差し替えなくても良いという手軽さで、2010年頃になるとCDの売り上げは全盛期の半分程度にまで落ち込んだと言われています。

さらにそれに追い打ちをかけているのが、様々なサービスが登場している ストリーミングと呼ばれる音楽配信サービスです。これらのサービスは、定額・聴き放題になっているのが一般的で、聴きたいと思った音楽を自分の端末内にダウンロード・保存する必要もなく、ネット上で聴くことが出来るという手軽なスタイルが、多くの人の支持を集めているのです。

しかし、これらの音楽配信サービスは、サービスの特性上、アクセスの集中などによって「サーバーが落ちる…」といった事は許されず、大規模な配信を実現するための設備が必要不可欠となります。さらに近年社会問題ともなっているデジタルコンテンツの違法コピー問題の点を考えても、安全かつ確実にコンテンツを保護する方法の構築に頭を悩ませているサービス提供者様は多いことでしょう。

NTTスマートコネクトは、ストリーミングサーバー・動画配信システム『 SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』を利用して、安定的な大規模配信と、著作権に配慮した安心の音楽配信サービスの実現をサポートいたします。

大規模配信に耐えられる設備と著作権に配慮したセキュリティは必要不可欠!

日本国内では、音楽に対する尊厳やCDという形がなくなることへの抵抗感から、 ストリーミングサービスやダウンロード販売への賛否両論が多くあります。しかし、スマートフォンの爆発的な普及もあり、データのダウンロードや保存も一切必要ない音楽配信サービスは、近い将来、音楽提供方法の常識になるのではないかとの声も珍しくありません。

このような状況下で、音楽配信サービスを運営するディレクター様の間には、多くの問題が山積みとなっているのです。例えば、 ストリーミングサービスであれば、配信者側が用意しているサーバーに会員がアクセスし、音楽を聴くというサービスになっています。そして、これらのサービスは『定額・聞き放題』というのが一般的ですので、人気アーティストの新曲発表などがあれば、爆発的にアクセスが集中すると予想されます。したがって、音楽配信サービスの運営者側は、そういったアクセスの集中を予想し、大規模な配信を実現する設備をあらかじめ用意する必要があるのです。

さらに、近年では、デジタルコンテンツの違法コピー・流出が社会問題になっています。著作権の扱いに配慮して安全で確実な配信をどのように実現していくのかという事が大きな悩みの種となるのです。

SmartSTREAM ビデオプラットフォームを導入!
セキュリティ万全、著作権の扱いにも配慮した安定の音楽配信サービスを実現!

上記のような課題を解決するため、ストリーミングサーバー・動画配信システム『 SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』の導入をお勧めします。『 SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』では、24時間365日体制で安定・高品質な配信を実現するため、日本国内の技術者が常に監視するNTTデータセンターが配信の中枢を担います。したがって、特定日時にアクセスの集中が考えられる音楽配信サービスの場合でも、安定の大規模配信を実現できるのです。

実際に、NTTスマートコネクトでは、世界的なオーケストラ公演や国際音楽コンクールなど、高品質な音楽と映像をインターネットを通じて世界規模の視聴者に向けて配信した多数の実績があります。

参考)ニュースリリース「PMFオーケストラ東京公演」を臨場感そのままに札幌で体感

さらに、『 SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』には、著作権保護( DRM)機能があります。近年では、デジタルコンテンツの違法コピー・流出が社会問題ともなっていますが、著作権保護( DRM)機能によって、配信動画を違法コピーから守り動画が流出することを防ぎます。また、運営者が認めた会員しか視聴できないよう、配信する動画にはパスワード認証をかけることも可能ですので、著作権に配慮した安全の配信サービスを実現できます。

音楽配信サービスイメージ

高品質で安定した音楽配信サービスを実現!
著作権の扱いにも配慮したセキュアな配信システムを!

ポイントまとめ
  • 大量のアクセス集中時にも安定した配信を実現!
  • 著作権保護(DRM)機能で違法コピーをブロック

ストリーミングサーバー・動画配信システム『 SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』を利用することで、大量アクセスや変動する視聴数に影響されることなく、安定した高品質な音楽配信が可能となりました。音楽のストリーミング配信が急速に普及する中、視聴者がストレスを感じることなく、手軽に楽曲を楽しむことが出来る環境は、音楽配信サービスにとって必要不可欠な機能となります。また、デジタルコンテンツの違法コピー・流出が社会問題となっている現在では、配信する動画に関して、著作権に配慮したセキュアな配信システムも必要です。

SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』では、音楽配信サービスを取り巻くこれらの問題を解決するため、高品質で安定した配信設備とセキュアな配信環境を提供しています。

・安定した大規模配信を実現するNTTデータセンター

SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』は、24時間365日体制で日本国内の技術者が監視するNTTデータセンターが配信の中枢を担っています。その為、大量アクセスや視聴者数が常に変動するといった事が特徴の音楽配信サービスでも、安定・高品質なコンテンツの配信を実現します。

・著作権に配慮した著作権保護(DRM)機能

音楽配信サービスでは、著作権を無視した違法コピーや動画の流出が、常に頭を悩ませる問題となります。『 SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』では、著作権保護( DRM)機能を有していますので、配信動画を違法コピーから守り、動画が流出することを防ぎます。また、配信する動画に、パスワード認証をかけ、特定のユーザーしか閲覧できないようにすることも可能です。したがって、著作権に配慮したセキュアな配信サービスの構築が実現できます。

<利用した機能>

それでは最後に、利用した機能のポイントをまとめてご紹介します。

ポイントまとめ
  • マルチデバイス配信機能
  • パスワード認証機能
  • 著作権保護(DRM)機能

・マルチデバイス配信機能

公開する動画は、パソコンだけでなく、スマートフォン、タブレット端末でも閲覧が可能となります。『 SmartSTREAM ビデオプラットフォーム』では、アクセスしてきた各端末を自動判別、最適な動画を配信するので余計な手間も必要ありません。

・パスワード認証機能

動画は、配信プレイヤーにPW認証をかけた状態で動画配信を行うことが可能です。これにより、運営者が認めた特定のユーザーのみに閲覧を限るなど、著作権に配慮したセキュアな配信を実現します。

・著作権保護(DRM)機能

配信する動画のコピー利用を防ぎ、動画が流出することを防止します。

  • 最近みんな始めてる企業の動画活用事情についてもっと知りたい方 無料プレゼント中
  • 無料トライアル受付フォーム

議題解決ストーリートップに戻る

ストリーミングサーバー・動画配信システムに関するお問合せは弊社の専門スタッフがご対応します

お電話でのお問合せ

0120-28-8140

受付:平日10時から12時・13時から18時

フォームからのお問合せ

お問合せ・資料請求

ページの先頭へ